北枕ふか子の枕営業日記

行ったりやったりつくったり

彼氏の汚い部屋にゴミ箱を置いた話

基本的に彼氏について聞かれたときは「最近っすか?超仲良いっすね!!」「彼氏ですか?かっこいいですよ!?」「マジでラブラブなんで!」と食い気味にラブラブアピールをしているけど、「じゃあ彼氏の嫌いなとこある?」と聞かれたら絶対に「部屋が汚い!!」と答えてる。しかも食い気味に。

 
彼氏の部屋が汚い。
 
いや、ゴミ屋敷みたいになってるわけじゃないし、ギリギリ歩けるけど、小銭散らばってるし(お釣りをポケットに入れて、その服を洗う時にポケットの中身をばらまくので散らばるらしい)、洗濯物散らばってるし、食べたものとかゴミとかそのまま放置だし、プレゼントでもらった箱とか包装紙とか捨てていいか判断できないタイプのものが放置されてるし、漫画とか本はあちこちに落ちてるし、あとなんかよくわかんないけどいろいろゴミが落ちてる。たまに綿棒とかが散乱しててよくわかんない。
 
彼氏曰く「男の子の一人暮らしなんてみんなこんな感じだよ」とのこと。
 
いやいやいやいやいや男の子だからとかではなく!!!人間として!!!ゴミはゴミ箱に捨てろよ!!!小銭は財布に入れろ!!!!本は本棚!!!!あるべき場所に返せ!!物を!!!
 
ほんとになんでも「置きっ放し」「やりっぱなし」にするので、「こいつジャングルかなんかで育ってるのかな…」と勘違いするレベル。
 
わたしが遊びに行く日にはある程度、片付けてくれるんだけど、たまーに忙しくて片付けられないときに遊びに行ってしまうと、「これ、入っていいの?」レベルの汚さに遭遇することがある。
 
ぐちゃぐちゃな部屋で小銭を拾いながら思った。
 
「どげんかせんといかん」
 
わたしの中の東国原が高らかに叫んだ。
 
とりあえずこの散らばった小銭たちをどげんかせんといかん。
つーか、なぜ小銭が散らばるんだ!!なんかのゲームか!!散らばったコインを集めてアイテム購入か!それで装備を強くするタイプか!!ばかやろう!よーくかんがえよ〜!!お金は大事だよ!!!!撒き散らすな!!金を!!!
 
最初は小銭を見つけ次第、彼の財布に入れてたんだけど、これはなんだか釈然としない。いくらお金をばら撒いたか自覚させたい。なので貯金箱を設置した。「小銭はすべてここに入れなさい。そして、これがいっぱいになったとき、あなたがいくらお金を無駄にしていたか確認しなさい。あるいは、お金がなくなったときのために貯めておきなさい」と指示。
 
その次の週。
部屋に行ったら、小銭は落ちてなくて、貯金箱には何円か入ってた。偉い!ちゃんとできた!やればできる子!!!!!
 
それ以来、小銭は貯金箱に入れる習慣がついたようで、なんだか安心してしまったわたし。部屋の汚さにも慣れ、引っ越し当時(2年前)に使っていた段ボールに入っている洗濯物を見てもなんの疑問も抱かなくなっていたある日、彼が「洗濯カゴとゴミ箱が欲しい」と言ってきた。
 
革命だ。
 
ジャングルで育ってきた彼が!!部屋を片付けるシステム作りを思いついた!!ゴミ箱と洗濯カゴ!!!すごい!!偉い!!!よく思いついたね!!!!そうか!!システムがなかったから汚かったんだね!!!捨てる場所としまう場所さえ決まれば片付けできる!!すごい!!その発想、表彰されるべき!!!ノーベル賞ものの思いつきですわ!!!マジで!!!
 
100円ショップでゴミ箱とカゴを買い、帰宅。
その夜、2人でごはんを食べながら「ゴミ箱があるとゴミが一箇所に集まる。すごく便利。なんで2年間置かなかったんだろうか」と感動。洗濯物も段ボールでなくシリコン製のカゴに収まり、ようやく洗濯物っぽく見えるようになった。200円でこの感動。すごい。100円ショップは偉大。
 
貯金箱、ゴミ箱、洗濯カゴで彼の部屋はきれいになるだろう。システムをつくれば彼だって部屋をキレイにできる。
 
そう思いながら今日、彼の家を訪れた。
「全然片付けてない。でも今週ほぼ寝るために帰ってたから今日の汚さはまあまあって感じ」とのこと。どういうことだよ!つーかなにこの汚さ報告!!毎回家行く前にやってるけど!!
 
彼の家に着き、ドアを開くと、台所にジャンプが置いてあった。これは、まあ、いい。
 
部屋に入ると、机の上にも飲んだあとのビール缶やらなにやらが置いてある。まあ、これもいい。
 
問題は床だ。ティッシュが散乱し、洗濯物があちらこちらにあって、その間から小銭が顔を出している。
 
あーーーーもう!!!なんだよ!!!!システム導入したのに全然生かされてないじゃん!!!なんなんだよ!!お前もう、ジャングル帰れよ!!!!