読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北枕ふか子の枕営業日記

行ったりやったりつくったり

つまり、五〇音展ってなんなのさ?

3月5日(土)から6日(日)まで、東京国際文芸フェスティバルのオリジナルイベントとして、チームNASで「五〇音展」という展示をやります。

うん。

東京国際文芸フェスティバルとはなんだ?

オリジナルイベントってなに?

チームNAS?

五〇音展?

したり顔で宣伝してるけど、意味わかんないと思うので、ちょっと丁寧に説明します。

東京国際文芸フェスティバルとは、日本財団が主催するイベントです。いろんな作家がトークイベントやったり、本屋さんがワークショップやったり、読者会やったり、他にもいろいろいろいろなイベントが開催されます。

詳しくはホームページを見てくださいな

コミックマーケットとかデザインフェスタみたいに一箇所で行われるのではなく、東京の書店やら公園やらなにやらで開催されます。

で、オリジナルイベントとは、日本財団以外の団体、つまり書店だとか、有志団体だとかが主催するイベントのこと。わたしたちはその「オリジナルイベント」のひとつとして展示をします。

"わたしたち"こと「チームNAS」は文芸学科出身の有志団体。というか3人組。なかはら、あおき、すずきの3人のイニシャルをとって、「NAS(ナス)」といいます。

大学時代に「文芸学科も思いを伝えてみたかった展」、「第七感展」などの展示をやったり、ゼミ雑誌展などの運営のお手伝いをしたり、「トイレパーク」っていうゲリライベントやったりしてます。つまり、まあ「イベントをやるのが好きな3人組」って感じです(そうだよね?)。

そんな3人が、文芸フェスのイベントで「五〇音展」をやります。

「ん?文芸フェスなのに、五〇音?」

他のイベントでは読書会とかトークイベントとか、いろいろあるけど、わたしたちは、文芸ができる前の「ひらがな」で遊びたいなと思って、五〇音展という展示をやります。


文化、歴史、形、音、文字の5つのカテゴリから「ひらがな」というもので遊んだり、その面白さを学んだりできるようにしたいなあ…と思ってます。詳しい展示内容は徐々に発表していくのでおたのしみに。

場所は根津から徒歩5分くらいのところにある、HOTEL GRAPHY NEZU( http://www.hotel-graphy.com/ )。社員寮をリノベーションしたホテル(すごくおしゃれ!)。入って左側にある畳スペースで展示をします。

上野に近い立地なので、外国人の宿泊客が多いらしいです。たまたま東京に観光に来たら、"国際"文芸フェスで「ひらがな」に触れる…なんて素敵だなあ、と密かに妄想してます。

この展示に来たあとに、上野動物園に行ったり、根津ぶらりしたり、谷根千でネコを見る…とかも楽しそう!ということで、展示だけじゃなくて、その周辺の土地も楽しんでほしいなあと思ってます。

この展示を見たら、小説をストーリーだけじゃなくて、「言葉」を味わいたくなるかも?

そんな風に思える展示になるようにがんばってます。ぜひお越しくださいませ。

f:id:m0820:20160207003031j:image
f:id:m0820:20160207002859j:image